04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

マコマナイジャーナル

真駒内の今を伝えつつ、たまに昔も振り返ります。

広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

こだわりのモノが集まる「UIマルシェ」 4月22日に開催予定 

UIマルシェ 4月22日に開催
丁寧な手仕事で作られた作品や食品、雑貨などの販売やクラフトなどのワークショップが行われるイベント「UIマルシェ」が柏丘5丁目のシェアアトリエUIで4月22日(日)に開催されます。
(画像:UIマルシェの広告(シェアアトリエUIのFacebookページより))

クリエイティブでナチュラルなモノが集まるイベントで、今回は、真駒内からは自家製酵母パンの「tane-lab」(タネラボ)が出展を予定しており、その他、穀物と野菜のお弁当や布小物、アクセサリーを扱うお店など10店が出展します。
ワークショップでは、「コロコロサイコロカレンダーづくり」や「札幌軟石に多肉植物を植えよう」といったものがあり、どちらも興味深いです。
また、ボサノバライブも行われます。

このイベントは昨年10回開催されており、今年は4月と7月から12月に開催が予定されているようです。
僕は昨年12月に開催されたUIマルシェに行ってみましたが、こだわりの食品や雑貨などが販売されており、どれも興味がそそられるものばかりでした。真駒内幸町の金工教室kamokamoによるワークショップでクリスマスオーナメントづくりに挑戦してみましたが、とても楽しかったです。
また、来場者の数も多く、会場が賑わっていたことも印象的でした。



会場は柏丘の住宅街の中ですが、大きな駐車場が用意されているので、車で行きやすいのが良いところです。

こういったイベントが開催されていることが地域に浸透していけば、真駒内らしい賑わいづくりにつながっていくかもしれません。

今回も足を運んでみたいと思います。

住所:札幌市南区真駒内柏丘5丁目6-37 セイコーマート2階
開催日時:4月22日(日) 11:00~15:00
駐車場:有
その他:買い物袋要持参
シェアアトリエUIのFacebookページ:https://www.facebook.com/uimakomanai/
スポンサーサイト

category: イベント

thread: 札幌/北海道の地域ネタ - janre: 地域情報

cm 0   tb --   page top

日ハム新球場 北広島に決定 真駒内の再開発はどうなる? 

きたひろしま総合運動公園付近の航空写真
プロ野球北海道日本ハムファイターズの新球場建設構想の候補地選定について、札幌市、北広島市が球団と協議を続けてきましたが、3月26日の午後に、北広島市のきたひろしま総合運動公園が候補地に内定したことが報道されました。

これまで大きな話題を振りまいてきた新球場構想でしたが、土壇場で真駒内公園案が提案されるなど、候補地選定は期限ギリギリまで調整が続けられていました。
今回の候補地内定により、新球場建設の準備会社「北海道ボールパーク」が同26日に設立され、2023年の新球場開業に向けて本格的に計画、事業が進められることになります。

3月27日に開かれた球団による記者会見では、北広島が候補地に内定した理由について、「敷地が広く自由度が高い」「手厚い行政支援」「広さを生かしトレーニング施設の充実」「新千歳空港から近くアクセスが良い」「地元の理解」を主なものとしてあげました。
真駒内が選ばれなかった理由は、構想に近いものができるという点で北広島の方が適しているという結論に至ったためであることも明らかにされました。
収益性の面では、北広島、真駒内ともほぼ同等だったとのことです。

札幌からの距離と交通手段は大きな懸念材料ではありますが、開発の自由度が高いことは大きなメリットだと思います。また、北広島市による手厚い支援策も決定に大きく影響したことは間違いないでしょう。
新駅ができれば駅からの距離は真駒内の比になりませんし、万が一新駅ができなかったとしても、北広島駅から新交通システムの整備案があることから、支障の度は大幅に軽減することができそうです。ただ、JR千歳線の輸送力をどれだけ増やせるかは大きな課題だと思います。

真駒内案が土壇場で提案されながらも選ばれなかった要因は様々考えられますが、反対運動が大きく影響していることは間違いないと思います。新球場構想を進めるに当たっては、日々激しさを増す強硬な反対運動や慎重派住民への対応には大きくリソースを割かなければならなくなることが予想され、計画の進捗にも大きく影響すると考えられます。収益性がほぼ同じと予測されるのであれば、JRなど交通手段に係る懸念はありながらも、拡張性や地元の理解もあり計画が進めやすいと考えられる北広島を候補地として選定したことは理解できます。

新球場が北広島になると、札幌からの絶対的な距離が離れていることから平日の観戦客が減ることは間違いないと思いますが、ボールパークとして野球以外のアミューズメント施設も整備する計画があり、休日のファミリー層の集客が見込めることから、大規模な駐車場が整備できる点でメリットがあり、平日の集客面でのデメリットをカバーできそうです。

行政による支援については、北広島市は、税制面の優遇を始め、思い切った提案を球団側にしていたことが印象的ですが、札幌市は、札幌ドームを抱えながらの交渉だったので難しい立場だったと思います。

真駒内では、真駒内公園が候補地として浮上して以来、賛否両論が巻き起こり、様々な議論や運動が繰り広げられました。候補地が真駒内に決定されていれば、駅前再開発計画が大きく活性化することは間違いなかったと思いますし、ボールパークが呼び水になって交流人口が増えることから商業に好影響を与えることになったと思います。その他の開発など様々な面にも前向きな影響を与えることができたと考えられます。

そう考えると千載一遇のチャンスを逃したようで残念な気持ちにもなりますが、住宅地として熟成が進んだ真駒内の地域活性化の手法としては新球場は劇薬的だったかも知れません。
真駒内は人口減少が大きな問題ですが、真駒内で人口が減少している地域は団地を抱える地域が主なので、本州で実績のある団地の活性化手法を取り入れるなどして団地の活性化が実現できれば人口減少に歯止めをかけることは可能と思われますし、真駒内の魅力の一つである閑静な環境と利便性を発展的に生かす、ゆるやかな賑わいを創出することができるような駅前再開発など、地域活性化の手法は様々考えられると思います。

また、真駒内が新球場建設地にならなかったことで、真駒内屋外競技場の再整備は振り出しに戻ってしまいました。
建設から50年を迎えようとするこの施設はどうなるのでしょうか。
このことが、再びオリンピック誘致に影響してくるのでしょうか。



4月3日に真駒内で開催された札幌市による日ハム新球場候補地協議の経緯に関する説明会の場で、真駒内の再開発は道路の拡張を含め進めていくことが秋元市長により語られました。
新球場構想により注目された真駒内ですが、今回のことがプラスに働けば良いと思います。
駅前再開発などのこれからに期待したいと思います。

category: その他ニュースなど

thread: 札幌/北海道の地域ネタ - janre: 地域情報

cm 0   tb --   page top

【真駒内マンション名鑑】第4回「真駒内ロイアルハイツ」 

真駒内ロイアルハイツ
1989年(平成元年)に竣工したマンションです。
高さを抑えた圧迫感のない5階建てのフォルムが落ち着きとゆとりを感じさせます。大きく成長した通り沿いの木々と良く調和しています。

全面タイル張りで、グレー系の色合いも相まって、上質な雰囲気の漂う外観です。メンテナンスも行き届いている様子で、経年による劣化感はありません。
真駒内ロイアルハイツ
オートロック完備で、エレベーターが設置されています。
エレベーターは各階停まりではなく、1階と4階が停止階になっているスキップフロアタイプです。70年代から80年代の物件に良く見られるタイプのものです。
真駒内ロイアルハイツ
間取りは3LDKから4LDK、専有面積は89.07~125.39平米と広く取られています。

建物前の通りは中央分離帯の緑地に多くの広葉樹が植えられ、ゆったりとした雰囲気が漂い、低中層の住宅が連なる街並みには高級感があります。
真駒内ロイアルハイツ
真駒内ロイアルハイツ
近年は都心の超高層マンションが人気のようですが、個人的には、こういった低中層マンションの方に魅力を感じます。
真駒内ロイアルハイツ
このマンションを開発したのはリザン興産という会社で、森永乳業の子会社です。不動産事業をはじめ、グループの事務請負等の事業を展開しており、現在の社名はリザンコーポレーション株式会社です。
このマンションが開発された当時はバブル期で、同社は森永乳業が持つ遊休地を活用するため分譲マンション開発に進出したようです。その事業の第1弾が真駒内ロイアルハイツだったようです。
しかし、その後は同社がマンションの分譲を行った形跡が見られません。
事業のリスクなどを検討してマンション開発から撤退したのかも知れません。



ちなみに、「ロイアルハイツ」というブランドは、大手ゼネコンの大成建設系の不動産会社である有楽土地(現「大成有楽不動産」)が使用していたものです。
このマンションは大成建設が施工し、有楽土地が販売を担当していることから、分譲マンション開発のノウハウがなかったリザン興産が大成建設グループの協力を得て事業を行ったのではないかと思います。

所在地:札幌市南区真駒内泉町2丁目1番10号(第一種中高層住居専用地域)
交通:地下鉄南北線真駒内駅徒歩10分
構造・規模:鉄筋コンクリート造地上5階建
総戸数:35戸
間取り:3LDK~4LDK(89.07~125.39平方メートル)
築年月:1989年(平成元年)3月
新築分譲時の売主:リザン興産株式会社
施工:大成建設株式会社
設計:大成建設株式会社

category: 真駒内マンション名鑑

thread: 札幌/北海道の地域ネタ - janre: 地域情報

cm 0   tb --   page top

ウィズランド真駒内本町 住宅建設進む 

ウィズランド真駒内本町の様子
真駒内本町5丁目の防衛省施設局宿舎跡地に開発された分譲住宅地「ウィズランド真駒内本町」で住宅建設が進んでいます。

昨年11月下旬頃に宅地造成工事が終わり、12月に入ってから住宅建設が始まりました。

先日現地に行ってざっと眺めたときには10戸程度が完成しており、完成間近の住宅や工事中の区画も多くありました。
徐々に住宅街らしい雰囲気になってきました。
ウィズランド真駒内本町の様子
ウィズランド真駒内本町の様子
ウィズランド真駒内本町の様子
現地にある販売区画図の看板は最新の販売状況が反映されていないようだったので、現地で宅地を分譲している住宅メーカー各社のホームページを確認したところ、8割程度の宅地が売約済となっているようでした。



雪が解ける頃には、さらに住宅地の雰囲気が分かるようになっているのではないでしょうか。

昭和の雰囲気が漂う本町ですが、新しい住宅街の登場で街の印象も少し変わるかも知れません。

(関連記事:「真駒内本町の防衛施設局宿舎跡地で宅地造成開始」「本町5丁目の住宅用地「ウィズランド真駒内本町」販売開始」)

category: 建設・開発・新店舗情報

thread: 札幌/北海道の地域ネタ - janre: 地域情報

cm 0   tb --   page top

「そば處盛朗庵」に行ってみた 

盛朗庵の看板
とある日のお昼に、そばを食べに真駒内柏丘3丁目にあるそば店「そば處盛朗庵」に行ってきました。

真駒内通沿いの真駒内川に架かる橋の近くで、特徴的な三角屋根の外観が存在感を発揮しています。
創業37年とのことですが、お客さんが途切れることなくお店に入ってきていたので、根強いお客さんの支持があるのだと感じました。
ちなみに、隣の赤い屋根の建物は有名ラーメン店「白樺山荘」の本店です。
盛朗庵の外観

駐車場はとても広いので、車をとめるところを心配する必要はないと思います。

店内は、来店客が結構いたので写真は撮りませんでしたが、親しみやすくも落ち着きのある民芸調といった感じの内装です。

店員さんは感じが良く、接客は好印象です。

メニューは冷たいそば、あたたかいそばとも種類が豊富にあります。
鍋焼きうどんもあります。
盛朗庵のメニュー
盛朗庵のメニュー
盛朗庵のメニュー

今回は鴨せいろ(1300円)を注文しました。
盛朗庵の鴨せいろ
麺は手打ちではないようですが、自家製麺とのことです。麺の太さは均等で中太といった感じで、色は均一な白っぽさが印象的な麺です。僕が行ったことのある蕎麦店だと、北大植物園の近くにある「ひさご」さんのそばに見た目も味も近いと感じました。
麺の量は、普通盛りでも十分な量があります。
大衆店のようですが、麺は自家製麺というのが頷けるもので、大衆店としてはそばの質は良いと感じました。
盛朗庵のそば
つけ汁には、こぼう、ねぎ、鴨肉が入っています。
つゆは甘すぎずまろやかで、出汁の旨味のバランスが良いです。
つけ汁に柚子の皮は入っておらず、瓶入り粉末タイプの「ゆず一味馬路村」が付いてくるので、お好みで使います。
鴨肉は、「高級店で使用される鴨肉を贅沢に使用」したと店内に掲示されているとおり、ボリュームは十分でくせがなく美味しいものでした。
鴨せいろのつけ汁

また、今回は注文しませんでしたが、揃えている地酒にこだわりが感じられます。
峰乃白梅(新潟)、男山(旭川)、白瀧(新潟・湯沢)、大山(山形・鶴岡)、澤乃井(東京・青梅)の純米酒や純米吟醸酒があります(各650円)。



東京の多摩方面に住んでいたことがある僕は、東京青梅の澤乃井があったことに驚きました。
東京では澤乃井はスーパーマーケットの酒売り場を始め、羽田空港のお土産店にも置いてあり、東京の地酒として存在感がある日本酒ですが、札幌で見たのは始めてでした。
盛朗庵さんは夜営業していないため、このお店でお酒を飲む機会はなかなか作れないかもしれませんが、今度味わってみたいと思いました。

住所:札幌市南区真駒内柏丘3丁目1-41
営業時間:11:00~15:00
定休日:無休
駐車場:有り

category: 行ってみた(お店・施設等探訪)

thread: 北海道のグルメ - janre: グルメ

cm 0   tb --   page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログランキング

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。